評価基準

5段階評価にて判定

見出しー評価D

 

購入前の問合せに返事がない、販売ページに嘘の表記があるなど、
買うまでもなく、ダメな教材です。


見出しー評価C

 

具体的な解説が無く、実行できない&実行が難しいと判断した教材は「C級」。
どうしても欲しいという人も、ここは「ヨリモド」レビューを参考にしつつ、
一度再検討することをお勧めします。


見出しー評価B

 

復縁に関する情報や考え方は間違っていませんが、
値段の割に情報が少なかったり、

もうちょっと詳しい解説が欲しいな、と感じた教材は

B教材。


見出しー評価A

 

ある一定の評価はできると感じられたマニュアルはA級教材。
気になる人は選んでも後悔することは少ない教材ともいえます。
メリット、デメリットをよく確認の上、購入することをおすすめします。


見出しー評価S

 

数ある復縁教材の中でも特に完成度の高い教材です。
詳細な解説でわかりやすく、実行しやすい
もっとも復縁に効果が期待できると判断した教材。
復縁教材選びに迷ったら「S級」教材から選べばまちがいなし。




評価要素について

復縁マニュアルを購入するうえであなたが気にしそうなポイント、
チェックした方がいいポイントをチェックします。



友人や知人に頼ることなく復縁活動が行えるか

結構な頻度で復縁に協力者を必要とするマニュアルがあります。

方法論は否定しませんが、復縁方法がそれだけでは困ります。
(人によっては復縁を反対されていたり、SNSやナンパがきっかけで
つき合いはじめた人もいると思うからです。)
ここでは、一人でも復縁可能な方法が掲載されているかをチェックします。



具体的な解説があり、ムリなく実行できるか

「彼と復縁を望むのなら、まず友達になりましょう!」
なんて、聞いたことありませんか?


で、どうやって?って思いますよね。


そうゆう、とるべき指針の掲載のみで
具体的な方法が書かれていないマニュアル結構多いです。


具体的な方法が解説されているかどうかをチェックします。



別れた原因別の復縁方法が掲載されているか

「元カレがほかの女と付き合った」
「結婚を前提につき合っていた」
「元カレは同じ職場なので毎日顔を合わせる」


など、ケースによって復縁方法は変わってきます。


きちんとケース別の復縁方法が掲載されているかどうか
チェックします。



サポートは充実しているか

サポートが充実していると安心しますよね。


あなたもマニュアルを購入する際は気にされると思います。


ここでは、どういったサポートがついているのか、
本当に使えるのか?について可能な範囲でチェックします。



販売ページに誤解を招く表現はないか

マニュアルを購入する際、販売ページを読みますよね?
そこに、誤解をまねく表現、おおげさな表現、あおり表現、ウソ
などがないか、実際に中身を見た私が見てチェックします。



返金保証はあるか

情報商材は中身が見えないうえ、高額なので
購入にはかなり勇気が必要だと思います。
中には、全額返金を保証しているものもありますので、
保証のある・なし、また、返金の条件などをチェックします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ